Shibuya Argus 探偵 渋谷アーガス
調査メニュー
クレジットカードでのお支払い

浮気は1回だけでも要注意!

職場で若い女性や男性に思いを告げられた、たまたま取引先や同窓会で久しぶりに会った人といい雰囲気になってしまったと、ワンナイトラブならと心と体を許してしまう方は意外に多いものです。
欲望に負け、1回だけならと心が緩み、その場の雰囲気でホテルに行ってしまう方は少なくありません。

ですが、その1回だけが実は思いもかけない大きなトラブルへと発展する可能性もあるので注意が必要です。気持ち的には最初で最後のワンナイトラブのつもりでも、偶然にも知り合いに目撃されている可能性があります。

ご自身の友人であれば、見て見ぬふりをしてくれるかもしれませんが、そうとは限りません。配偶者や恋人の友人や知り合いであれば、すぐにでも伝わってしまう可能性があります。

密かに尾行されるリスク


浮気現場をうっかり目撃されて、パートナーに知られてしまった場合、すぐに問い詰めてもらえたほうが実は助かります。
うっかりのワンナイトラブがすぐに発覚し、即座に問い詰めてもらったことで、「1回だけ」にとどめられるからです。

ですが、パートナーにとって浮気しているかもといわれても、すぐに問いただす人は意外に少ないです。友人の見間違いではないかとか、何かの間違いではないかとにわかには信じられません。
事実だったとしても、相手は一体誰なのかを知りたいと思う方がほとんどです。

そこで直接本人に問いただすのではなく、浮気調査を依頼する人が多くなっています。

不倫が原因で離婚することになった場合の財産分与や親権の獲得、慰謝料請求などのために、証拠を押さえておいたほうが有利という判断が働くためです。
ですので、仮にワンナイトラブにとどまり、パートナーが気付いている様子がなかったとしても、誰かに尾行されていないかを気にかけ、慎重な行動がおすすめします。
その後に同じ過ちをおかさなければ、離婚などに至る心配も避けられるでしょう。

本当に1回だけで終わらせることができますか


最初にホテルに行くときは、1回だけと思っていても、実際には1回限りで終わらせることができない人が多いのが現実です。
関係を持ったことでお互いの気持ちに火がついてしまうことも少なくありません。

自分はもう断ろうと思っても、相手の気持ちが燃え上がってしまい、断れなくなる場合や相手の勢いや想いに負けてしまう可能性もあります。
恋愛感情が湧かなかったとしても、体の相性が良く、欲望のままに関係を続けてしまう人も少なくありません。
最近は夫婦生活もないし、セフレとしてちょうどいいなんて軽く考えていると、大変なことになります。

証拠が全て


恋愛感情はない、本気ではない、夫婦関係がないから性欲を満たしていただけと言い訳したくても、浮気調査の追っ手に反論することはできません。
気付かないうちに尾行され、現場を押さえられて、知らないうちに証拠写真を撮られています。

本気ではないから大丈夫なんて関係を持っている間にも、証拠写真がパートナーの手に渡されているかもしれません。
本気ではなかった、恋愛感情はないと説明しても、人の気持ちの真実性を証明するのは大変なことです。パートナーが信じてくれなければ終わりです。

離婚や慰謝料請求の裁判に持ち込まれた場合も、裁判官があなたの言い分を信用してくれるかは、確たる証拠がないとなかなか難しくなります。
それどころか、パートナーのほうが証拠写真を提出すれば、裁判官は配偶者への裏切り行為があったと判断しかねません。
1回にとどまっていることを証明できれば良いですが、関係を重ねてしまった状況ではそれもかないません。

探偵事務所としてアドバイスできることは、今の生活を大切にしたいなら、たった1回の気の緩みも許さないよう気を引き締めることです。
また、出来る限りそうした状況に陥らないことをおすすめします。


主な活躍地域



ページのTOPに戻る